学校

高校生活は7対3で

Pocket

こんにちは、やきいもやです。
今日も高校生活の役に立つ情報を発信しますね。

タイトルにあるように、高校生活は7対3でいく
これを覚えておくといろいろと役に立ちます。

たとえば、部活動。

お子様が高校に入学したばかりの親御さんは
どんな部活を選ぶのか興味がありますよね。

一方、部活ばかりで学業が疎かにならないか心配でもある。
そんな微妙な気分でいるんじゃないでしょうか。

さて、その部活動ですが、活動時間が短すぎても
逆に長すぎても適切とはいえません。

短すぎれば高校生活の充実度が低くなり、
友人との深いつながりや終わった後の達成感も
それほど無く、参加するメリットがありません。

逆に、活動時間が長すぎる部も問題です。
今、「ブラック部活」が問題になっていますよね。

平日に毎日4~5時間も活動をし、土日祝はほぼ毎日練習、
休めるのはお盆や正月など、年に数日だけ。
これでは生徒も疲弊し、勉強どころではありません。

一部の運動部や、毎年全国大会に出場する音楽系の部活などに
こういった長時間活動をしている部が実際に存在します。

さて、では部活はどのくらいの活動時間が適切でしょうか。
それは、「7対3の法則」を当てはめてみてください。
つまり、授業時間が7、部活動時間が3を基準として見るのです。

通常、学校は一日6時間授業を週5日として、
一週間で30時間の授業時間があります。

これに対して、部活動の時間を平日2時間×5日、
加えて土曜日の活動で4時間程度で週14時間の活動

これでおおむね30対14≒7対3です。

入部前に、部活動の説明会や仮入部といった期間がありますが、
そういった機会に、活動時間がどのくらいなのか、
よ~くリサーチしておくことをおすすめします。

この時に聞いた活動時間と、実際の時間があまりにも異なる、
そんな部活は論外!即退部または転部しましょう。

学校によっては学業に支障の出ない範囲で
アルバイトを許可しているところもあります。

これも部活動と全く同じことが言えます。
上の部活動の所をアルバイトに置き換えてみてください。

この「7対3の法則」を守ることで、
平日は部活やアルバイトが終わって帰ってからでも
宿題をする時間は十分にあります。

土日も家族で過ごす時間を十分にとれます。

高校入学を控えた親御さん、この「7対3の法則」、
これを原則に高校生活を送れるようにしたいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブラックフライデーとはこんな意味だった!年末商戦前の大セール…
  2. サイバーマンデー情報!Amazonでは大セール!2018年は…
  3. ブラックフライデーって日本ではいつになる?年に一度の大セール…
  4. 七五三の由来を簡単に説明!子どもに上手く伝える方法の決定版!…
  5. ぷらっとこだまを当日キャンセルする方法を紹介!電話でも大丈夫…

アーカイブ

カテゴリー

  1. イベント

    七五三の由来を簡単に説明!子どもに上手く伝える方法の決定版!
  2. 伝統文化

    七夕の食べ物の意味はこうだった!そうめん、お菓子、デザートを紹介
  3. 行事

    6月のイベント、行事、記念日をご紹介!意外に様々な日があったよ
  4. ビジネス

    足の臭いを消す方法の決定版!足が臭くて悩んでいる人は試してみて
  5. 伝統文化

    七夕の由来を子供向けの分かりやすい話にまとめてみた!
PAGE TOP