学校

教師がブラックである理由

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

GWに突入ですね。

皆さんはどんなご予定ですか?

 

今回は教師のお仕事についての記事です。

 

よく「教師の仕事はブラック」と言われますが、

その理由を自分の経験に基づいて分析してみました。

 

参考にこちらもご覧下さいね。

教員の1日その① ー朝の激闘編ー

教員の1日その② -日中から帰宅まで-

教員の仕事の50% -校務分掌-

 

私は現役教師の時代、一日15~16時間くらい職場にいました。

朝6時40分くらいに出勤、夜は10~11時頃に退勤でした。

 

もちろん、お昼休みや休憩は適宜取っていましたが、

それらを差し引いても14時間以上は働いていました。

 

それでいて残業手当は全くありません。

部活動の指導に充てた時間はPTAから謝礼が出ますが、

一ヶ月で3000~5000円程度です。

 

主任等の責任のある立場にはない教員で、

余裕のある人でも朝8時~夜8時で12時間とか、

その程度は当たり前です。

 

なぜこんな長時間労働になってしまうのでしょうか。

 

30代なかばまでの若い教員はの仕事の中心は、

 

  1. 授業の準備
  2. 担任をしているクラス、生徒の対応
  3. 部活動

 

この三つで90%くらいになります。

 

授業は、一人の教員が一週間で16時間程度を担当します。

初任から3年ほどは1時間の授業に2時間の準備が必要となり、

慣れてくると1時間程度が必要になります。

 

平日5日間×6時間=30時間のうち、16時間が授業、

会議が少ない人で2時間、多い人で4時間、

ホームルームが1時間と、

合計19時間~21時間は埋まってしまいます。

 

当然、残り11時間~9時間では、

授業の準備やクラス担任の業務はできません。

 

そこで授業後の時間を使うことになります。

 

しかし通常は部活動が16時~18時30分(または19時頃)まで

行われます(この時点で勤務終了時刻17時を過ぎている)。

それ以降が主にお仕事の時間です。

 

1時間~2時間程度を授業の準備にあて、

並行して、クラスの生徒の自宅に電話をします。

 

今は共働きの家庭がほとんどで、

19時以降にならないと保護者に連絡を取りづらいのです。

 

これが35歳以降になると大変です。

「主任」という立場になってくるからです。

 

この立場の人たちの仕事内容です。

 

  1. 担当する学年や校務分掌の取り回し
  2. 部活動
  3. 外部業者等との連絡・調整

 

担任を持たなくなる分、

家庭に連絡を取るような仕事は激減します。

 

また、授業の準備にも慣れてきますので、

1時間の授業に対して30分ほどで十分です。

 

その代わり、上に書いた1番がクラス担任の業務以上に、

また授業の準備以上に大変になります。

 

担当する学年・公務分掌ごとで週に1回の会議があります。

そのための資料作り等の準備が必要です。

 

また、主任だけが集まって行う会議(運営委員会といいます)も

週に1回あり、自分からの提案事項もあるので、

その資料作りをすることになります。

 

さらに、職員会議に出す資料作りと、

とにかく会議ばかりで、

いつもいつも資料ばかり作っているんです。

 

若手と同様、部活動が終わった夜の時間にこれらを行います。

 

それでも手が回らないことが多く、

持ち帰って深夜まで自宅で続きをやったり、

土曜日曜に出てきてやったりします。

 

こうした理由で、

教師の仕事はブラック企業並みに忙しくなってしまうのです。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブラックフライデーとはこんな意味だった!年末商戦前の大セール…
  2. サイバーマンデー情報!Amazonでは大セール!2018年は…
  3. ブラックフライデーって日本ではいつになる?年に一度の大セール…
  4. 七五三の由来を簡単に説明!子どもに上手く伝える方法の決定版!…
  5. ぷらっとこだまを当日キャンセルする方法を紹介!電話でも大丈夫…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 家庭

    梅雨時にエアコンの除湿の効果は?調べて分かった驚きの結果
  2. 行事

    横浜の開港記念日は学校は休み?ディズニーランドが割引って本当?
  3. 学校

    学費の準備 ー学資保険、教育ローン、奨学金の概要ー
  4. 学校

    高校生活は7対3で
  5. 健康

    睡眠負債の解消法を大解説!睡眠の量、質の改善でスッキリ!
PAGE TOP