学習

推薦入試と評定平均、そのリスク

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

GWも前半前が終わり、明日から後半の5連休。

いかがお過ごしですか?

 

今回は主に高校3年生のお子様をお持ちの親御さんに

知っておいていただきたいことを書きます。

といっても、1年生や2年生の方ももちろん、

ご覧下さいね。

 

このGW、受験生のお子様は結構忙しいのでは?

全国的に模擬試験が実施されていますよね。

 

そして連休が終わったらすぐに中間試験。

 

3年生の1学期の定期試験は、

ある入試形態で受験するつもりの人には

極めて重要です。

 

それは、

 

推薦入試

 

です。

 

高校入試と大学入試の大きな違いのひとつに、

「評定平均の扱い」があります。

 

高校入試では中学2年生の成績と3年生の成績が

高校に送られ、合否の資料になります。

 

大学入試では1年生から3年生までの成績が

関係してきます。

 

3年生までの成績と書きましたが、

試験が実施される時期によって、

3年生1学期までの成績が関わってきたり、

2学期までの成績が関わってきたりと

異なってきます。

 

そして、大切なことは、

一般入試では評定平均はほとんど合否には関係なく、

推薦入試では出願できるかどうかに関わってくる

ことです。

 

多くの大学で、推薦入試は10月~12月に行われます。

当然、出願の可否は1年生から3年生1学期までの成績

によって決まってきます。

 

計算の仕方です。

 

1年生の成績、2年生の成績、3年生1学期の成績、

全てを5段階の成績にして、全部足します。

 

その数を、1年生で習った科目数、2年生の科目数、3年生の科目数

全ての合計の値で割ります。

 

評定平均=

(1年生の成績+2年生の成績+3年生1学期の成績)

/ (1年生から3年生までの科目数の合計)

 

ポイントは、1・2年生の成績は、

1学期、2学期は関係がなく、

あくまで最終成績で計算をすることです。

1・2年生の通知表が残してあれば計算をしてみましょう。

 

各大学で、推薦入試出願の可否を決めるラインを決めています。

評定平均を5の段階に分けてあり、

「うちの大学はA段階なら出願していいよ」

という条件としてあるんですね。

 

  1. A段階 評定平均4.3以上
  2. B段階   〃 4.2~3.5
  3. C段階   〃 3.4~2.7
  4. D段階   〃 2.6~1.9
  5. E段階   〃 1.8以下

 

という具合で、これは文部科学省の通達によって、

全ての大学で一律の基準となっています。

 

ほとんどの大学がA段階かB段階の

評定平均を条件としています。

 

推薦を考えているなら、狙う大学が

どの段階を条件としているのか、

担任の先生に昨年度の実績を聞いてみましょう。

 

ただし、お子様が受験する際には、

昨年度と同じ条件とは限りませんので注意しましょう。

 

では具体的に考えてみましょう。

 

例えば、お子様の1・2年生の平均が4.0だとします。

3年生の1学期までの平均で4.3まで持って行くには、

ほとんどオール5の成績を取れば可能です。

 

仮に1年生から3年生まで同じ科目数なら、

4.33にはなります。

 

でも、それまでオール4だった生徒が

オール5まで持って行くのは至難!

 

しかし!

 

推薦入試に向けてはこれが成績向上のラストチャンス

また、こうしてガリ勉することは無駄ではありません。

 

仮に推薦の条件まで持っていけなくても、

定期考査に向けてのガリ勉の経験は、

一般入試を受ける際にも必ず役に立ちます。

 

1・2年生のお子様であっても、

うかうかしてはいられません。

 

3年生になってから成績を0.3向上させることは

極めて困難ですが、

1年生のうちからキチンと良い成績を収めることが

推薦入試の出願につながるわけです。

 

ただし、推薦入試を受験することの

「落とし穴」

があるのも事実です。

 

推薦入試に出願すると、9月から10月に

以下のことをしないといけません。

 

  • 志願理由書、願書の下書き
  • 担任に提出しチェックを受ける
  • 志願理由書、願書の清書
  • 面接の指導
  • 小論文の指導

 

学校の指導でこうしたことが行われるため、

大切な時期に落ち着いて

受験勉強に取り組めなくなります。

 

そして、万が一、推薦で不合格の場合は、

大切な9月10月の勉強が不足するだけに、

一転して大ピンチに陥る危険性があります。

 

大切な時間をあえて使って推薦入試に挑むか?

コツコツと2月3月まで一般入試の勉強をするか?

悩みどころですね。

 

推薦入試を受けるかどうかは、

担任の先生も交えて

よ~く話し合った方が良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 学習

    子どもに話しかける上手なやり方

    こんにちは、やきいもやです。思春期のお子様…

  2. 学習

    親子の会話のコツ -相手の無意識に届くメッセージ-

    こんにちは、やきいもやです。GWの後半の連休初日、多く…

  3. 学習

    他の受験生に差をつける 定期テストの上手な活用法

    こんにちは、やきいもやです。5月も半分が終…

  4. コミュニケーション

    デオドラントの季節、敏感な年頃 -加齢臭とコミュニケーション-

    こんにちは、やきいもやです。今回は親子のコミュニケーション上、…

  5. 学習

    進路の話 ー大学編ー

    こんにちは、やきいもやです。今回投稿するのは「進路」のお話です…

  6. 学習

    教育実習の季節、学校ではこんなことが

    こんにちは、やきいもやです。5月も最後の週…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. PTA

    私立高校で必要な学費は○○円
  2. 健康

    インフルエンザと風邪の違いは?症状で見分けるポイントはコレだ
  3. 式典

    礼服と喪服の違いって何?見た目で分かるもの?兼用してもいいの?
  4. 健康

    ゴキブリ対策をマンションで行うならこの方法で決まり!
  5. 伝統文化

    2月のイベントや行事をまとめてみた。初めて知る由来と歴史とは
PAGE TOP