コミュニケーション

親子のコミュニケーションをスムーズにするコツ


こんにちは、やきいもやです。

GWの最終日のご予定は?

 

家でゴロゴロするもよし、どこかへ出かけるもよし。

明日からのお仕事に備えましょう。

 

今回は前回比引き続き、

親子のコミュニケーションのお話です。

 

参考にこちらもご覧いただければと思います。

子どもに話しかける上手なやり方

子どもの言葉を上手く引き出す方法

デオドラントの季節、敏感な年頃 -加齢臭とコミュニケーション-

 

友人と3人で話していて、

スマートホンの話題になったとしましょう。

 

あなた「僕のスマホは液晶画面がきれいで見やすいんだ。

色も選んだし、買った頃はみんなに見せびらかしてたよ」

 

友人A「俺のは音質がクリアでヘッドホン使わなくても

よく聞こえるよ。通話もスムーズだしね」

 

友人B「僕は買ってみて大きすぎるから後悔してる。

重いし、手にすっぽり収まらないから持ちにくいんだ」

 

これらの3人は、自分のスマホをイメージ・表現するのに

異なる感覚を使っているのが分かるでしょうか。

 

あなたは「見やすい」「色を選んだ」「見せびらかす」と、

視覚を優先してイメージ、表現しています。

 

Aさんは「音質」「よく聞こえる」「通話」と、

聴覚を優先してイメージ、表現しています。

 

Bさんは「大きすぎる」「重い」「すっぽり」「持ちにくい」と、

触覚を優先してイメージ、表現しています。

 

人は何かを思考するとき、視覚、聴覚、触覚の

いずれかの感覚のイメージを無意識に想起します。

 

これを心理学では

「表象システム」

と呼びます。

 

人は、自分と似た性質を持つ相手に好意を持つ傾向があります。

この表象システムを意図的に合わせることで、

相手から自分に対して好意や興味を持たせることができます。

 

次の会話例を見て下さい。

母親と子ども、二人とも視覚タイプの場合です。

 

母「受験勉強はどう?最近悩んでいるように見えるけど。」

子「イマイチ。夏休みになって友達と顔を合わせなくなってから

一人でやってるけど、先の見通しがよく見えないんだ。」

母「時には外で友達と外で顔を合わせて、

お互いの進み具合を見せ合うといいかもね。」

 

この場合は互いの言っていることを飲み込みやすく、

素直に話を聞くことができます。

 

逆に、表象システムが異なる親子の会話例です。

 

母「受験勉強はどう?最近悩んでいるように感じるけど。」

子「イマイチ。夏休みになって友達と話す機会も減ったから

一人でやってるけど、黙ってやるのもそろそろ限界。」

母「たまには友達いっしょにパーッと騒いで、

パッと終わってシャキッとしてからまた勉強したら?」

 

この場合、母は感覚タイプ、子は聴覚タイプの為、

互いのニュアンスが分かりづらく、

ちぐはぐな会話になってしまいます。

 

お子様とご自身の話し方や生活ぶりをよく観察して、

どのタイプに当てはまるか探ってみましょう。

 

そして、それぞれのタイプが分かったら、

自分の表象システムをお子様のそれに合わせて

会話をするようにしてみましょう。

 

視覚タイプ

  • 「話が見えない」「見た感じ」「色に染まる」「明るい、暗い」等の言葉
  • 持ち物や仕事はどう見えるかにこだわる
  • 好きな音楽はビジュアル系など、視覚的要素を優先

 

聴覚タイプ

  • 「~に聞こえる」「聞いていない」「耳が痛い」等の言葉
  • 独り言が多く、話すときは「え~」等が入りやすい
  • 好きな音楽は本格派のミュージシャン

 

触覚タイプ

  • 「~な感じがする」「バー」「ガー」「暖かい、冷たい」等の言葉
  • 直感的な好き嫌いで物事を決める。服は着心地にこだわる。
  • 好きな音楽は癒やしが得られるクラシックなど

 

表象システムのタイプによって得意な学習方法も異なります。

近いうちにそれらの紹介も使用と思います。

関連記事

  1. コミュニケーション

    修学旅行の注意点 家族で確認しておきたいこと

    こんにちは、やきいもやです。私の地域ではず…

  2. コミュニケーション

    スマホ使用のルール 学校で決めているのはなぜ?

    こんにちは、やきいもやです。高校では1学期…

  3. 学習

    親子の会話のコツ -相手の無意識に届くメッセージ-

    こんにちは、やきいもやです。GWの後半の連休初日、多く…

  4. 学習

    子どもに話しかける上手なやり方

    こんにちは、やきいもやです。思春期のお子様…

  5. 家庭

    子どもの言葉を上手く引き出す方法

    こんにちは、やきいもやです。今回はスムーズなコミュニケーション…

  6. 学習

    推薦入試と評定平均、そのリスク

    こんにちは、やきいもやです。GWも前半前が終わり、明日から後半…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 専門学校

    進路の話② -専門学校編-
  2. PTA

    私立高校で必要な学費は○○円
  3. お金

    奨学金 日本学生支援機構、自治体、大学の奨学金について
  4. 家庭

    教員として生徒の心をつかむこと ー若き日の失敗談ー
  5. お金

    大学進学に必要なお金 学費、受験料、生活費
PAGE TOP