学校

学費の準備 ー学資保険、教育ローン、奨学金の概要ー

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

 

このブログをお読みの中高生の親御さん方は、

お子様の学費をどのように準備されていますか?

 

学費の準備は大きく分けて以下の3種類があります。

  1. 月々の収入から支払う
  2. 前もって積み立てておく
  3. 借金をする。

 

中学校までは上記の1でほぼ問題はありません。

しかし高校、大学と上がるに従って

必要な学費はうなぎ登りになります。

 

高校では3年間で約65万円~300万円

大学4年間で約250万円~550万円かかります。

詳しくは以下をご覧下さい。

高校で必要なお金は○○円

私立高校で必要な学費は○○円

大学進学に必要なお金 学費、受験料、生活費

 

私立高校から理系の私大に進学すると、

 

1ヶ月あたり8~9万円程度必要な計算になります。

毎月毎月、9万円を支出するのは大変ですよね。

無理をすればいずれ破綻をします。

 

そこで、「前もって積み立てておく」か「借金をする」

このどちらかを有効活用することになります。

 

学資保険

「保険」という名前がついていますが、

実際には貯金に近い感覚で捉えてもいいでしょう。

では、学資保険のメリットとデメリットを以下に記載します。

 

メリット

  • 定期預金より利率が良い
  • 契約者の収入ストップで保険料免除の制度がある
  • 満期時の利息50万円未満は無税
  • 税額控除がある

 

デメリット

  • 物価変動の影響を受ける
  • 途中解約での返戻金は大幅ダウン
  • 保険会社倒産時の保証がない

 

各保険会社で学資保険を取り扱っていますので、

比較検討することができます。

 

お子様が生まれてすぐに加入し18年後に満期の場合、

返戻金に10%程度の上乗せが期待できる場合もあります。

 

教育ローン、奨学金

続いて、借金をする場合の方策です。

借金には「教育ローン」と「奨学金」の二つがあります。

それぞれの特徴を列記します。

 

教育ローン

  • 国(日本政策金融公庫)または銀行等で取り扱い
  • 借り主は保護者(返済も保護者)
  • 一括で必要額を借りられる
  • 借りた翌日から利息発生
  • 借りた翌月から返済開始

 

奨学金

  • 日本学生支援機構または各自治体、各大学で取り扱い
  • 貸与タイプ(卒業後返済)と給付タイプ(返済義務なし)がある
  • 借り主は学生本人
  • 毎月固定額を借りられる
  • 在学時には無利息
  • 卒業後から返済開始

 

教育ローンでは「日本政策金融公庫」が、

奨学金では「日本学生支援機構」が

それぞれ最もポピュラーです。

 

もちろん利息も最も安く、

日本政策金融公庫では1.81%の固定金利です。

日本学生支援機構では最大3%のやはり固定金利です。

 

今回は学資保険、教育ローン、奨学金の概要の記事でした。

後日以降、それぞれについて詳しく書いていきます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブラックフライデーとはこんな意味だった!年末商戦前の大セール…
  2. サイバーマンデー情報!Amazonでは大セール!2018年は…
  3. ブラックフライデーって日本ではいつになる?年に一度の大セール…
  4. 七五三の由来を簡単に説明!子どもに上手く伝える方法の決定版!…
  5. ぷらっとこだまを当日キャンセルする方法を紹介!電話でも大丈夫…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 学校

    教育実習の季節、学校ではこんなことが
  2. 学校

    高校生と海外留学 世界を広げる
  3. 健康

    よしずとすだれの違いはこうだった!より涼しくなるのはどっち?
  4. イベント

    ハロウィン用にいつから飾る?かぼちゃのランタンを作り始めるのは?
  5. 学校

    高校生のお弁当の話 -ヘンな弁当-
PAGE TOP