学校

教育ローン 国のローンと民間のローン、上手く使おう

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

前回の続きとして、

今回は教育ローンについて詳しく書いていきます。

 

参考にこちらもご覧下さい。

前回 学費の準備 ー学資保険、教育ローン、奨学金の概要ー

 

教育ローンとは

教育ローンとは簡単に言うと、

「子供を学校に通わせるお金を金融機関から借りること」

です。

 

主に私立の小中高、または大学等に子供が通うときに、

必要となる資金を借りられます、という制度です。

 

国の教育ローン

最もよく利用されているものが、

日本政策金融公庫が行っているもので、

「国の教育ローン」の通称で知られています。

特徴としては、

  • 最大で350万円の融資が可能
  • 固定利息で年1.81%
  • 審査が他のローンと比べて緩い
  • 申し込み完了から20日程度で振り込んでくれる
  • 返済は15年以内に完了させる

など、利用しやすい制度になっています。

 

独立行政法人ならではの制度と言えますね。

 

利用に当たって気をつけたいことは以下の事柄です。

  • 借り入れの翌日から利息が発生する
  • 借り入れの翌月から返済開始
  • あくまで親が借り主、返済主である

 

民間の金融機関の教育ローン

銀行や信用金庫など、または信販会社が取り扱っています。

中には大学と提携して制度化している期間もあります。

 

特徴を以下に挙げます。

  • 10万円程度~1000万円程度の融資が可能
  • 変動利率で年3~5%程度
  • 審査が国の教育ローンと比べて厳しい
  • 申し込みから即日~3日程度で振り込んでくれる
  • 返済は15年程度のところが多い

金融機関により差異がありますので、

国の教育ローンと比較すると概ねこのような特徴です。

 

利率の高さや、審査の厳しさなど難しい面もありますが、

審査の迅速さ融資額の柔軟性は民間ならではです。

気をつけるべき点は国の教育ローンと同様です。

 

国と民間、どちらに申し込むべき?

では国の教育ローンと民間の教育ローン、

どちらに申し込みをすべきでしょうか?

 

結論から書くと、

両方申し込みましょう。

ということです。

 

国の教育ローンはキャンセルができます。

民間のローンも多くはキャンセルができます。

(ただし申し込みの前にご確認下さい。)

 

もちろん優先順位を決めておきます。

第1希望に通ったら第2希望はすぐにキャンセル。

第1希望が通らなかったら第2希望を利用する。

という二段構えで備えておけば安心です。

 

ただし、民間のローンは一つだけにとどめておきましょう。

増やせば手続きが煩雑になりますし、

借金を増やすことは後で首を絞めることになりかねませんので。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブラックフライデーとはこんな意味だった!年末商戦前の大セール…
  2. サイバーマンデー情報!Amazonでは大セール!2018年は…
  3. ブラックフライデーって日本ではいつになる?年に一度の大セール…
  4. 七五三の由来を簡単に説明!子どもに上手く伝える方法の決定版!…
  5. ぷらっとこだまを当日キャンセルする方法を紹介!電話でも大丈夫…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 健康

    夏バテに効く食べ物はコンビニにもあった?ランチや飲み物はコレ
  2. 学校

    高校で必要なお金は○○円
  3. 家庭

    衣替えの時期で春はいつ頃がいい?夏服は?スーツや制服はどうする?
  4. 観光

    名古屋城へのアクセスを大紹介!車でも駐車場は周辺にたくさんある
  5. 家庭

    夏休みの家族旅行の計画にいかが? オーストラリア
PAGE TOP