お金

学資保険の上手な利用法について


こんにちは、やきいもやです。

しばらくの間、学費の準備を中心に記事にしてきました。

 

前々々回 学費の準備 ー学資保険、教育ローン、奨学金の概要ー

前々回 教育ローン 国のローンと民間のローン、上手く使おう

前回 奨学金 日本学生支援機構、自治体、大学の奨学金について

 

今回はシリーズの最後で、

学資保険の詳細と奨学金と組み合わせた上利用法についてです。

まだ小さいお子様がいらっしゃる

or これから出産予定の親御さん向けです。

 

まずは学資保険の概要のおさらいです。

メリットは預貯金よりも利率がよく、

税額控除や利息が定額に達するまで無税であること等です。

 

デメリットはインフレや会社倒産等、

リスクがあることです。

 

学資保険とは

「学資保険」と名前がつけられていますが、

制度上は全て生命保険の一種です。

 

当然、被保険者である子供が亡くなれば

約款に従って給付金が支払われます。

 

支払い開始から10年程度で保険料の支払いが終わり、

満期=返戻金受け取りが18歳、22歳などになります。

 

これを大学入学の資金にしたり、

教育ローンの返済に充てたりすることができます。

 

保険会社ごとの商品で、

医療保証を付けるなどの差別化を図っていますので、

比較検討して上手に利用しましょう。

 

学資保険で奨学金の利息を節約する方法

お子様が18歳になって学資保険が満期になると、

大学への入学等でお金が必要になり、

「学資保険を全て使ってしまおう」

と考える親御さんが多いと思います。

 

でも少し待って下さい。

 

学資保険を上手に利用することで奨学金の利息を節約できます。

その方法とは、

 

奨学金の返済が始まったら学資保険で一括返済する

 

というもの。

 

奨学金は一般的には在学中は無利子で、

返済時に利息が付いてきます。

 

この制度を上手く利用して

返済の初期に数年分を一括返済すれば、

その分の利息を節約することができます。

 

お子様に全て返済させるご予定ならば、

学資保険からの立て替えで数年分を支払っておき、

それを月々返してもらうようにすれば良いでしょう。

 

お子様が小さい頃から学資保険を続けている親御さんは

この方法の検討をお勧めします。

関連記事

  1. 進学

    思い出の生徒の話

    こんにちは、やきいもやです。今回は、私が公…

  2. お金

    高校生のアルバイト メリットとデメリット

    こんにちは、やきいもやです。今回は高校生のアルバイトについてで…

  3. お金

    高校で必要なお金は○○円

    こんにちは、やきいもやです。今回はシビア~~~なお金の話です。…

  4. 専門学校

    進路の話② -専門学校編-

    こんにちは、やきいもやです。前回の「大学編」に引き続き、専門学…

  5. 学習

    進路の話 ー大学編ー

    こんにちは、やきいもやです。今回投稿するのは「進路」のお話です…

  6. 学習

    推薦入試と評定平均、そのリスク

    こんにちは、やきいもやです。GWも前半前が終わり、明日から後半…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コミュニケーション

    父親の威厳と子どもの成長
  2. 学習

    推薦入試と評定平均、そのリスク
  3. 学習

    入学前の勉強について。スタートダッシュで差をつけよう。
  4. LGBT

    LGBTと日本の学校 どう向き合うか?②
  5. 弁当

    高校生のお弁当の話 -ヘンな弁当-
PAGE TOP