健康

インフルエンザと風邪の違いは?症状で見分けるポイントはコレだ

Pocket

12月から3月にかけて毎年猛威を振るうインフルエンザ。これにかかると高熱や強い倦怠感などが数日間続き、まさに地獄の苦しみを味わうことになります。

インフルエンザの中にもそれほどひどい症状が出ないタイプもあり、人によっては「ちょっとひどい風邪かな」程度に考え、その間に他人に感染させてしまう恐れもあります。

このインフルエンザと風邪、似ている様で全く異なる病気なのです。症状が進行する様子などを注意深く見ると、インフルエンザを疑う要素がいくつかあります。

スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の違い

それではインフルエンザと風邪のそれぞれの特徴を見てみましょう。

インフルエンザ

  • 発熱 38℃~40℃の高熱
  • 他の主な症状 全身に現れる(強い倦怠感、悪寒、筋肉痛、頭痛、激しい咳、食欲不振など)
  • 症状の進行 急激(軽い倦怠感から数時間で高熱を発症する)
  • 原因 インフルエンザウイルス
  • 潜伏期間 1~2日
  • 完治までの期間 1週間程度

風邪

  • 発熱 37℃~38℃の微熱
  • 他の主な症状 呼吸器系、消化器系の症状(のどの痛み、鼻水、咳の順に症状が出ることが多い)
  • 症状の進行 緩やか(上記の症状が一つ治ると次が現れる)
  • 原因 ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルスなど多数
  • 潜伏期間 5~6日
  • 完治までの期間 2日~3週間

このようにまとめてみると、インフルエンザと風邪が全く異なる事がよく分かります。

スポンサーリンク

インフルエンザかなと思ったら

上記の様に、インフルエンザは急激に症状が進行します。朝、出かける時にはちょっとだるさがあるかな?という程度で元気でも、午後になると急に症状が重くなり動けなくなることがよくあります。

インフルエンザの症状は 軽い倦怠感 → 悪寒 → 高熱 と推移します。ここまでたった5~7時間程度で進行していきます。

風邪の場合は倦怠感や悪寒を感じてもすぐに高熱になることはありません。少し横になると倦怠感や悪寒も収まることもよくある話です。しかし、インフルエンザはそれでよくなる事はありません。

急激な発熱があれば、学校や仕事中であっても早退をしましょう。何よりも他の人に感染を拡げないための配慮として、学校や職場に居続けるべきではありません。

早退をしたら病院で検査をしてもらいましょう。インフルエンザであればタミフルなどを処方してくれます。また、医師の指導に従って解熱後2日間は自宅で静養する必要があります。

まとめ

インフルエンザと風邪が全く違うものだとお分かりいただけたでしょうか。以下にまとめておきます。

まとめ

  • インフルエンザと風邪、それぞれの特徴を知っておくことである程度の判断ができる
  • インフルエンザは重い症状が全身に出て急激に進行する
  • 風邪は主に呼吸器系、消化器系に軽い症状が出て進行は緩やか
  • 急激な発熱等、重篤な症状が出る様なら仕事・学校は早退して病院を受診する

こちらの記事も合わせてお読み下さい。インフルエンザの予防接種は2回する効果はあるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 木枯らしという季語が表す季節!意味や由来を徹底的に解説してみ…
  2. 干支の漢字はなぜ普通と違う?動物を当てはめた本当の理由はコレ…
  3. 中国の干支には豚がいた!十二支に猫がいる国も海外にはあった
  4. 干支が60通りである理由を分かりやすく解説!なぜ120じゃな…
  5. 干支の順番の由来は動物たちのレースだった!十二支と十干とはコ…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 伝統文化

    神社の参拝方法のマナー!時間や服装など、注意することを徹底解説!
  2. 学校

    教員の仕事の50% -校務分掌-
  3. 安全

    雪道の運転初心者は必見!事故を起こさないテクニックを大紹介
  4. 家庭

    夏休みの家族旅行の計画にいかが? オーストラリア
  5. 旅行

    新幹線が格安!片道の料金を徹底比較してみた。お得なのはどれ?
PAGE TOP