学校

部活動の運営とは

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

 

今日は部活動のことについて書きたいと思います。

こちらもご覧下さい。

 

高校生活は7対3で

部活動選び方:あなたなら2タイプのどちら?

 

現役教師だった頃、私もいろんな部活動顧問を経験しました。

その中でも、最も力を入れた部活動は弓道部です。

 

自分自身、大学生の時に弓道の経験があります。

そのため、ある程度自信を持って指導できたんですね。

 

指導をする上で、一貫して持ち続けた主義があります。

それは、「部活動も教育の一環である」ということ。

 

当然のことですが、これを忘れる指導者が実に多いのです。

ある競技で、指導の行き過ぎで生徒を自殺に追い込んでしまった

そんな事件もまだ記憶に新しいですよね。

 

教育の一環ですので、他のこととのバランスを取らなければいけません。

部活動のやり過ぎで勉強ができずについて行けなくなる。

そのようなことは、私の部活では絶対に起こさせませんでした。

 

だから、部の活動予定はまとめて2ヶ月分くらい、

その予定の初日から数えて遅くても2週間前には渡していました。

 

また、朝練を課してはいましたが、夕方は18時にはキッチリと終わり、

帰ったら必ず宿題など家庭学習をするようにと、

口酸っぱく指導してきました。

夏休み中は、8月20日頃までに全ての課題を完了して私の所に提出させました。

 

同僚の教員からも、

「課題のチェックまでするのはいくら何でも面倒の見過ぎだよ」

と言われました。

 

しかし、これは部活動の運営上、二つの側面から必要なことだったのです。

 

一つは、部員に「部活のせいで勉強について行けない」と言わせないことです。

ここまでやって勉強について行けないのは、

部活が終わって帰宅してからの学習ができていないんじゃないの?

と突っ込むことができるのですね。

 

二つ目は、「競技会でフルに力を出せるように」ということです。

どんなに実力があっても、試合でそれを発揮できなければ意味がありません。

 

高校生はまだ精神的に未熟で、

少しでも不安があると試合中にそのことばかり考えてしまい、

練習どおりの力を発揮できなくなってしまいます。

 

弓道はメンタル面に顕著に左右される競技です。

学習面での不安が一切無い状態で競技会にのぞむ。

これを徹底してきたことで、県大会で上位入賞をした選手もたくさんいましたし、

団体、個人で全国大会にも出場してきました。

 

「どんなに部活動に力を入れてもあくまで勉強優先」と掲げることで

競技そのものの結果も良い方向へと転ぶことが多くなったのです。

 

私の見るところ、一部の競技では明らかに行き過ぎた指導が横行して、

部員は勉強どころではなくなっています。

 

練習や試合で疲れ切って、授業が睡眠時間になっている。

そんな状態が日常化していてもそれを解消しようともしない。

そんな指導者が多すぎるのです。

 

試合で勝つことは確かに大切です。

チンタラ遊び半分でやるのと、一勝を目指して死ぬ気で取り組むのとでは

後の人生にとって得られるものが全く違います。

 

でも、私は大声で聞きたくなることがあるんです。

「あなたの部員は、全員が将来プロとしてやっていくんですか?」と。

 

部活動の指導者はこのことを意識しておくべきなのです。

部員の将来に責任を持つべきなのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ツイッターのフォロワーを買う?多いメリットは?増やし方は?
  2. SNSに疲れている?診断法を大紹介!具体的な対策法もチェック…
  3. 韓国が反日なのはなぜ?反日教育の歴史は?韓国人の性格はしつこ…
  4. SNS依存をやめたい!対策と抜けられない理由を徹底紹介します…
  5. 犬の耳掃除はいつから?嫌がる時の方法は?頻度はどの程度?

アーカイブ

カテゴリー

  1. 家庭

    修学旅行の注意点 家族で確認しておきたいこと
  2. 家庭

    親子のコミュニケーションをスムーズにするコツ
  3. 雑学

    茶摘みの歌詞の意味って分かる?八十八夜はいつ?あかねだすきって?
  4. イベント

    ハロウィンをディズニーで楽しむ!期間はここ!仮装のルールもチェック
  5. 食事

    水無月という和菓子は京都銘菓!由来はコレ!お取り寄せは可能?
PAGE TOP