学校

私立高校で必要な学費は○○円

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

 

前回の公立高校に引き続き、

今回は私立高校で必要な学費についてです。

前回 高校で必要なお金は○○円

 

結論から行きます。

3年間で200万円~300万円

 

公立高校は3年間で65万円~100万円でしたので、

ざっとその3倍になります。

 

私立と言ってもいろいろでずいぶん幅がありますので、

具体的な内訳の例としては都内の標準的私立高校の1年生とします。

 

  • 入学金 約160,000円
  • 授業料 約240,000円
  • 設備施設費 約240,000円
  • 遠足、校外学習等 約50,000円
  • 修学旅行積み立て 約40,000円
  • PTA会費等 約20,000円
  • 図書費 約30,000円
  • 制服代 約100,000円
  • 教科書等 約30,000円
  • 電子辞書 約20,000円
  • 通学靴 約7,000円
  • 体育服 約15,000円
  • 運動靴 約7,000円
  • 部活動 約50,000円
  • 模擬試験等 約10,000円

 

これで合計1,019,000円です。

1年生で必要なお金だけで100万円を超えてしまいます。

 

公立高校と同様、これ以外に通学定期や自転車、

駐輪場代金等が必要になってきます。

 

続いて、2年生で必要なお金。

 

  • 授業料 約240,000円
  • 設備施設費 約240,000円
  • 遠足、校外学習等 約50,000円
  • 修学旅行積み立て 約40,000円
  • PTA会費等 約20,000円
  • 図書費 約30,000円
  • 教科書等 約30,000円
  • 部活動 約50,000円
  • 模擬試験等 約20,000円

 

合計720,000円です。

 

続いて3年生です。

 

  • 授業料 約240,000円
  • 設備施設費 約240,000円
  • 遠足、校外学習等 約50,000円
  • 修学旅行積み立て 約20,000円
  • PTA会費等 約20,000円
  • 図書費 約30,000円
  • 教科書等 約30,000円
  • 模擬試験等 約30,000円
  • 同窓会入会費 約20,000円
  • 卒業記念品代 約10,000円
  • 卒業アルバム代 約15,000円

 

合計685,000円です。

 

いやはや、これは大変ですね。

 

私立は先生のお給料も施設設備も、

全て学校独自で用意しなければなりません。

 

そのため、入学志願者をたくさん集める必要があるのは

公立高校以上にシビアな問題だと言えます。

 

こうした明確な目的があるため、

学校の独自色を出すことも必要なのです。

 

例えば制服のデザインを有名デザイナーに依頼するとか、

屋内温水プールを作るとか、

看板部活動の専用練習場を作るなどしています。

 

こうして話題作りを常にしていくことが求められているんです。

そのしわ寄せが生徒の家庭への負担となっている訳ですね。

 

お金の話は親御さんにとってとても重要です。

機会があれば大学の学費について投稿しますね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 自転車のTSマークは必要?赤と青の違いや料金も徹底解説してみ…
  2. 自転車を防犯登録する料金のまとめ!都道府県ごとに異なっていた…
  3. 自転車の防犯登録をネット通販での購入後にする方法!しないと損…
  4. 自転車の防犯登録は義務化はいつから?どこでするの?など疑問に…
  5. 雨の運転は要注意!夜でも安全に走行する方法を伝授します

アーカイブ

カテゴリー

  1. 家庭

    梅雨時にエアコンの除湿の効果は?調べて分かった驚きの結果
  2. 家庭

    ツバメがふんを車に落として困っている人へ!こんな対策があった
  3. 行事

    6月のイベント、行事、記念日をご紹介!意外に様々な日があったよ
  4. 家庭

    父親の威厳と子どもの成長
  5. 学校

    教員採用試験の面接必勝法!これまでの参考書には無い視点とは 
PAGE TOP