学校

ヘンな先生特集② -メンヘラ先生-

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

今回は、好評だった「ヘンな先生特集」の第2回です。

こちらも併せてお読み下さい。

ヘンな先生特集 その①

 

メンヘラ先生

 

国語のI先生です。

優しい女性の先生で、生徒たちから慕われていました。

 

授業も楽しく、生徒の考える力を養うことを主眼に置いた、

ちょっと変わったスタイルでした。

 

必要に応じて生徒に強く注意をすることもできます。

硬軟併せ持つすごくいい先生なのです。

 

 

なのですが……

 

 

この先生、メンタルがめっちゃ弱いのです。

 

授業が終わり職員室に戻った時に、

下を向いてため息ばかりつくことがよくあるんです。

 

周囲の同僚は「また始まったか」という感じなんですが、

誰かが言葉を掛けない訳にもいきません。

 

多くは教頭が、不在の時は学年主任が、

だいたい分かってはいるけど一応声を掛けます。

 

教頭「I先生、元気ないですね。どうしたんですか?」

I先生「さっきの授業で、宿題をやってこなかった生徒がいたんです。」

 

教頭「それはいけないね。それで?」

I先生「その子のためと思い、みんなの前で強く叱っちゃいました。」

 

教頭「それは仕方ないでしょう。当然のことです。」

I先生「後になって、とても心配になって。」

 

教頭「何が?」

I先生「あの子、自殺するんじゃないかって。

私、強く言いすぎたかなって。

そもそも宿題を出したのも私だし。

やろうとしたけど多すぎたのかも知れないし。」

 

教頭「I先生、考えすぎですよ。」

I先生「いえ、やっぱり心配です。

今から教室に行って様子を見てきます!」

 

教頭「ちょっと待って。もう次の授業中ですよ。

大丈夫。いなければ今の授業の先生が知らせに来るはず。

20分経ってもまだ来ないんだから、ちゃんといますよ。」

I先生「そうでしょうか。そうですよね。」

 

毎度毎度、こんな会話になります。

こんなことが一ヶ月に一回はあるんです。

 

そして、こういうことがあった次の日、

決まって休むんです。

 

理由はいつも頭痛です。

いや、ずる休みしているとは言いません。

心配が高じて本当に頭が痛くなっているんだろうと思います。

 

そして夕方に教頭が電話をして、

「あの生徒は今日一日元気でしたよ」と知らせて、

次の日にはケロッと元気になって出勤するんです。

現金なものですね。

 

でも、I先生がお休みする裏で、他の先生方は大変な目にあってます。

 

授業に穴を開けるわけにはいかないから、

他の国語の先生が代理で授業に行きます。

 

I先生の担任をしているクラスもあるので、

副担任か学年主任が担任代わりをします。

 

部活動も誰かが面倒を見るか、活動は急遽中止にするか、どちらかです。

 

こんな風に、一人の先生が病欠をすると、

パニックとまでは言いませんが、他の先生方の大きな負担になるんです。

 

こんなことが月一回もあるとどうなるか…

想像がつきますよね。

 

今回は一人の先生だけでたくさん書いてしまいました。

このシリーズ、まだまだ続けていきたいと思います。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お見舞いのマナーをチェック!服装は?手ぶらはダメ?など疑問に…
  2. 木枯らしという季語が表す季節!意味や由来を徹底的に解説してみ…
  3. 干支の漢字はなぜ普通と違う?動物を当てはめた本当の理由はコレ…
  4. 中国の干支には豚がいた!十二支に猫がいる国も海外にはあった
  5. 干支が60通りである理由を分かりやすく解説!なぜ120じゃな…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 家庭

    梅雨の季節に洗濯物の部屋干しをする方法!早く乾かす工夫を満載
  2. 学校

    学資保険の上手な利用法について
  3. 家庭

    父の日のプレゼントはコレ!60代のお父さん向けのモノ10選
  4. 家庭

    父の日の由来は?日本にはあの国から渡ってきた!
  5. 家庭

    蚊を退治する有効な方法を徹底的に調べてみた!少しの工夫で快適生活
PAGE TOP