学校

クラス担任の仕事 ールーチンワークをキチンとこなすー

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

 

今回の記事では、

「クラス担任のお仕事」について詳しくご紹介します。

 

こちらもご覧下さい。

教員として生徒の心をつかむこと ー若き日の失敗談ー

教員の1日その① ー朝の激闘編ー

教員の1日その② -日中から帰宅まで-

 

学園もののドラマでは、

クラス担任の先生と生徒たちとの交流がテーマとなり、

そこに感動が生まれています。

 

しかし、実際のクラス担任はドラマほど感動的でもなく、

結構地道な作業がたくさんあるんです。

 

通常業務の主だったところを羅列します。

 

  1. 生徒の出欠管理
  2. 生徒の状況把握
  3. 保護者との連絡
  4. 朝夕のショートホームルーム
  5. ホームルーム日誌の点検とコメント記載
  6. クラスの生徒相談
  7. ロングホームルーム
  8. 教室の管理と美化
  9. 学校行事でのクラスの管理
  10. 貴重品等預かり

 

特にほぼ毎日行うのは上記の1~5番です。

ルーチンワークですが、疎かにすると大変です。

 

例えば、ずぼらな担任は生徒の出欠管理が甘くなり、

生徒の欠席理由が分からなくなって

学期末に通知表を作成するときにミスを出したりします。

 

また、小さなことでも学校で起きたことは

保護者に連絡を入れることで、

保護者からの信頼を勝ち得ることになります。

 

一般に誤解をされていることですが、

生徒からの信頼を得るためには

生徒だけに親身にしているだけでは不十分なのです。

 

むしろ保護者からの信頼を得ることの方が優先で、

ある意味、保護者にファンになってもらうんですね。

 

これをキチンとできる先生は

自ずと生徒からずっと強く信頼されます。

 

また、朝夕のショートホームルームでは

必要な連絡事項をもれなく伝達します。

ここで漏れが多い先生はやはり信頼を得られません。

 

つまり、学園ドラマにあるような

生徒とのふれあいはなくとも、

日常的な業務をキッチリこなすことが

生徒からの信頼に確実につながり、

卒業して10年後、20年後にも顔を見せに来てくれます。

 

次に、学期の節目など、定期的に必要な業務を書きます。

 

  1. クラスの時間割の作成
  2. 席替えと座席表の作成
  3. 下足箱の指名等貼り付け
  4. クラスの机、いすの数調節
  5. 通知表、成績簿の作成
  6. 指導要録の作成

 

いずれも「この日までに必要だ」というデッドラインや

提出期限が決まっているため、

特定の時期に集中して行うことになります。

 

例えば5番の通知表などは学期末に行いますが、

各教科の成績や欠課時間数が確定しないと作成できません。

 

そのため、わずか2~3日のうちにクラスの40人分を

コメントを書くことも含めて作成することになります。

 

だから、各学期の終わり近くになると、

夜10時、11時まで残っている担任が多く見られます。

 

6番の指導要録とは年度末にまとめるもので、

各生徒の成績や出欠、行動などの記録を残します。

 

これは20年間保管が義務づけられており、

大学等を受験する際に必要な書類を作る元資料になります。

 

地味で事務的な作業が多い担任業務、

皆さんのイメージと比べていかがだったでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. アシナガバチの巣を放置しても大丈夫?駆除も一つの選択
  2. アシナガバチの毒の強さはこのくらい!アナフィラキシーショック…
  3. 中秋と仲秋の違いはこれだった!名月を愛でるのはどっちが正しい…
  4. お月見の由来を子供向けに分かりやすく伝えるポイントはこれだ!…
  5. 秋の七草の覚え方の決定版!歌と語呂合わせと和歌を覚えれば完璧…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 学校

    思い出の生徒の話
  2. 観光

    名古屋市科学館の目玉!プラネタリウムに並ぶ実体験レビュー!
  3. 伝統文化

    暑中見舞いと残暑見舞いはいつ切替え?具体的な構成や文面もどうぞ
  4. 伝統文化

    秋の七草の覚え方の決定版!歌と語呂合わせと和歌を覚えれば完璧!
  5. 食事

    インスタントコーヒーの美味しい入れ方を徹底的に調べてみた!
PAGE TOP