学校

大学入試 AO入試とは? 推薦入試との違いとリスク

Pocket

こんにちは、やきいもやです。

 

ブログに記事を日々書いていると、

大学入試関連は人気があるようです。

 

ご覧になっているのはお子様が中高生の

親御さんがメインだと思いますので、

やはり気になるのですね。

 

今回も、大学入試に関連した事柄です。

今回のテーマは

AO入試

についてです。

 

AO入試の「AO」とは、

「アドミッション・オフィス」の頭文字です。

 

大学のパンフレットを見ると、

「アドミッション・ポリシー」という物が

明記されていますね。

 

あれは、「うちの大学ではこういう学生を

入学させたいです」という、

合格者を決める上での方針なのです。

 

AO入試とは、学力テストの結果だけに頼らず、

「志願者がうちの大学に合った適性かどうか」

を重点的に見る入試のことです。

 

志願者の適性を見る目的で、

面接や小論文、志願理由書を課す大学が

ほとんどです。

 

また、私立大学の多くは、

面接、小論文、志願理由書、調査書で

合否を決定していきます。

 

学力検査がない分、楽な気がしますが…

下にリスクも記載してありますので、

最後まで読んで下さいね。

 

一方、国公立多くや一部の私立では、

これらに加えてセンター試験の得点も

合否の資料とするところがあります。

 

「推薦入試とどこが違うの?」

そんな声が聞こえてきそうです。

こちらも参考にしてみて下さい。

推薦入試と評定平均、そのリスク

 

以下に、推薦入試とAO入試の違いを

リストアップしてみました。

推薦入試

  • 校長が大学に対して生徒を推薦して出願する(自己推薦を除く)
  • 国公立、私立の指定校は各高校から一人まで
  • 私立の公募制推薦には併願できるところもある
  • 試験の為に大学に行くのは一回

 

AO入試

  • 生徒本人が志願をして出願する
  • 高校ごとの人数制限無し
  • 国公立、私立を含めほとんどが専願
  • 試験までに複数回大学に出向く(スクーリング)

 

ざっと書くと以上の違いがあります。

 

なお、「スクーリング」とは、

AO入試の正式な受験までに大学に出向き、

面接や小論文の指導を受けることです。

 

次に、AO入試受験までの流れを記します

(あくまで一般的な流れです)。

 

  1. 7月初旬 申し込み
  2. 7月中旬~8月下旬 土日にスクーリング
  3. 8月下旬 願書、志願理由書提出
  4. 8月下旬~9月 受験
  5. 9月~10月 結果発表

 

推薦入試と比べてもかなり早い時期に行われ、

結果が出るのも早ければ9月上旬、

遅くても10月中旬になります。

 

これだけでは良いことずくめみたいですが、

当然リスクもありますので注意しましょう。

 

以下にAO入試のリスクも記しておきます。

 

  • 夏休み中~2学期の大切な時期の学習時間を削る
  • ほとんどが専願の為、合格後の入学辞退が難しい
  • 合格後の学習が疎かになり、入学後について行けなくなる恐れがある

 

リスクも推薦入試に似ている感じですね。

やはり不合格の時には大ピンチに陥りそうです。

 

また、妥協して受験をすると、

後で「あっちの大学の方が良かった」と

入学後に不適応を起こすことにもなります。

 

今後ますます少子化が加速する中、

大学側も学生数確保に必死になっています。

「早く進路が決まる」という策をあえて取るか、

グッと堪えて地道に受験勉強をするか、

よくよく考えた上での決断をお勧めします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 国会の種類4つをわかりやすく解説!通常国会以外には何がある?…
  2. 国会と内閣の違いをわかりやすく解説!内閣官房や内閣府って?
  3. ぷらっとこだまかエクスプレス予約か?新幹線がお得なのはどっち…
  4. 雪道でのブレーキの踏み方伝授!ABS作動時は強く踏む?足を離…
  5. ぷらっとこだまと高速バスはどっちがお得?料金や時間を徹底比較…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 健康

    トマトジュースの効果的な飲み方はコレ!健康、美容、ダイエットに
  2. 安全

    自転車の防犯登録確認の方法!警察に要求されたときの対応はコレだ
  3. 伝統文化

    暑中見舞いをメールで返信する時のマナーを徹底解説してみた!
  4. 旅行

    ぷらっとこだまかエクスプレス予約か?新幹線がお得なのはどっち?
  5. 学校

    読書感想文の構成発展編!得意な中学生高校生はさらにいい文章を
PAGE TOP