イベント

USJでハロウィンの仮装を楽しむ!ルールを守ってコスプレを満喫

Pocket

10月のビッグイベントといえば、2000年に入ったあたりからメジャーになってきたものがありますね。そう、ハロウィンです。

そんなハロウィンを満喫するために、テーマパークに出かけるのも楽しいですよ!

特にUSJのハロウィンイベントは、恐怖感の演出で超有名になってきました。大人でも怖さとゾクゾク感を楽しめるアトラクションが満載です!

あなたもハロウィンの恐怖の一夜を家族や恋人と過ごしてみたいと思いませんか?

私自身もホラー映画やお化け屋敷などは大好きなんです!USJのハロウィンにも一度行ってみたいと思っているんですよ。

そんな訳で、USJのハロウィンについて調べてみたらとても興味を引かれる事が沢山判明してきました。その情報をあなたとシェアしたいと思います!

ぜひ最後までお付き合い下さいね。

スポンサーリンク

 

USJのハロウィンイベント

USJで開催されるハロウィンのイベントといえば「ハロウィーン・ホラー・ナイト」というタイトルで有名です。

ホラーエリアではストリートに徘徊するゾンビに突然襲いかかられたりします。

また2018年に新登場のアトラクション、ホラーレベル4の「デッドマンズ・フォレスト」は今から大いに期待が高まっています。

デッドマンズ・フォレストは屋外型ホラーメイズです。うっそうとした森に足を踏み込んだら最後、30分の間は恐ろしいゾンビに追われ、数々のトラップを躱しながら逃げ回る事になります。

他にもエクソシスト、エルム街の悪夢、チャイルドプレイのチャッキー、リングの貞子など、映画をモチーフにしたホラーアトラクションが満載!

家族、恋人、友人と連れ立ってでかければキャーキャーと叫びを上げながら恐怖を楽しめる事請け合いですよ。

そんなUSJのハロウィーン・ホラー・ナイトですが、イベントの開催期間を事前にチェックしておきましょう。

イベント期間の予想は?

ハロウィーン・ホラー・ナイトの開催期間の予想はズバリここです!

2018年9月8日(土)~11月4日(日)!

2017年の期間中は毎日開催されて大好評を博してきました。それのことから規模縮小はまずあり得ません。よって、2017年と同じ時期に毎日開催すると予想しています。

こうしたイベントを楽しむために、ルール厳守は大前提となります。USJでコスプレをする時のルールにはこんなものがあるってご存じでしたか?

スポンサーリンク

 

コスプレのルールをチェック

USJでコスプレをする上でのルールには次のようなものがあります。

  • 公序良俗に反する衣装(過度の露出やタトゥー(シールを含む)など)
  • 武器状の小物(おもちゃを含む)
  • 顔が確認できないマスク、フルフェイスのヘルメットなど
  • 人に危害を加えたりトラブルを招く衣装など
  • スタッフになりすました言動
  • 人を脅かしたり怖がらせる行為
  • トイレでの着替え、長時間にわたる鏡の占拠など
  • ユニバーサル・ワンダーランドでのゾンビや幽霊のコスプレ
  • その他、持ち込みや使用を禁止されているもの

これらに違反している衣装などはそもそも入場できなかったり、入場後に着替えた場合は強制退場になったりする事があるので注意が必要です。

それでは各項目について具体的に見ていきましょう。

公序良俗に反する衣装

過度な露出、タトゥーや入れ墨(シールも含む)などのコスプレは違反となります。水着や下着などもこれに該当します。

セクシー系のコスプレをしたい場合は、胸元や太ももは肌色の布で適度に隠すなどの工夫が必要ですね。

また任侠キャラのコスプレなどは、入れ墨っぽいものは諦めましょう。

武器状の小物

ナイフや銃など、見た目が武器の小物は持ち込み禁止です。ただし、パーク内で販売しているおもちゃなら持ち歩いても問題ありません

例えばファイナルファンタジーのクラウドのコスプレはOKですが、刀を持ち歩く事はNGです。

刀を持っていないクラウドでは何のコスプレか分からなくなっちゃいますね。コスプレするキャラを事前に検討しておきましょう。

顔が確認できないマスクなど

マスクやフルフェイスのヘルメットで顔を完全に隠す事はNGです。ただし、入場時、レストラン、ショップ、アトラクションでの事です。入場後でかつショップ等の外にいるときには被っていてもOKです。

メイクも顔を確認できないレベルのものは控えた方が良いかも知れません。

2017年は「どう考えても元の顔が分からないだろ」というレベルのメイクを見かけたという情報もあります。ただ、2018年以降にも入れるかは不明ですので、メイクは控え目にしておくのが無難ですね。

人に危害を加えたりトラブルを招く衣装など

明らかに他のゲストに危険を及ぼす衣装は違反となります。

例えばテロリストなどのコスプレは、本人にそんなつもりはなくても周囲に恐怖感を与えるため「危険」と見なされる恐れがあります。

あくまで明るく楽しいコスプレを選択しましょう。

スタッフになりすました言動

他のゲストに対して、スタッフと間違われるような衣装や言動はNGです。

年間パスで何度も入場していてパーク内に詳しい人でも、聞かれてもいないのにオススメのアトラクションやショップに案内したりしないように気をつけましょう。

またゾンビのコスプレでフラッシュモブに乱入するなど、雰囲気を壊す原因になりますのでやはりNG!ですね。

他のゲストを怖がらせる行為

ゾンビといえば、他の人に襲いかかるなどの怖がらせる行為は絶対ダメです。それはスタッフが扮したゾンビがする事で、ゲストがする事ではありません。

「人を襲うフリだけなら雰囲気が出るから良いだろう」と考える人がいるかも知れませんが、それは独り善がりというもの。

自分自身の考えと運営側の演出する恐怖感が完全になじむ事はあり得ません。勝手な行動はパークの雰囲気を壊し、楽しんでいる他のゲストの邪魔になるだけです。

トイレでの着替えなど

トイレで着替える行為は禁止です。またトイレの鏡を占領してメイクをする行為も同様です。多くの人が利用するお手洗いでは本来の用事をサッサと済ませ、次の人へと明け渡しましょう。

園内で着替えたい場合は、ロッカールームに専用の更衣室が用意されていますのでそちらを利用しましょう。

ユニバーサル・ワンダーランドでのゾンビコスプレなど

ユニバーサル・ワンダーランドではゾンビや幽霊などのコスプレはできません。ユニバーサル・ワンダーランドは子供用のパークであるため、子供を怖がらせる恐れがあるからです。

ハロウィンといっても全ての人が恐怖を楽しみに来ている訳ではありません。節度を持って楽しむ余裕を持ちたいですね。

その他、持ち込みや使用NGの物品

他にも次のようなものの持ち込みや使用は禁止されています。

持ち込み禁止の物品

  • 危険物
  • ペット類
  • カート、キャリーバッグ、スケボーなど
使用禁止の物品

  • 旗や腕章
  • ハンドマイク、笛
  • 無線機
  • ドローンやラジコン
  • ローラーシューズ

それぞれ、安全上の理由などで持ち込みや使用は禁止されています。パーク内で着替える場合、荷物はキャリーバッグ以外のものに入れて入場するように準備しておきましょう。

なお、ローラーシューズについてはローラーを取り外したり格納してしまえば履いて歩く事は問題ありません。こうしておけば子供のお気に入りのシューズも履かせる事はできそうですね。

まとめ

いかがでしたか?USJのハロウィーン・ホラー・ナイトを120%楽しむために、事前から開催日やルールなどをチェックしておきたいですね。

折角気合いを入れてコスプレをしたのに、入場を断られてしまったのでは本末転倒です。人に迷惑を掛けない楽しく安全なコスプレで出かけましょう!

それでは今回の記事の内容をおさらいしておきましょう。

まとめ

  • USJのハロウィーン・ホラー・ナイトの紹介をしました。
  • 開催期間は2018年9月8日から11月4日と予想しています。
  • ルールを紹介しました。厳守してみんなで楽しい夜をお過ごしください。

ひと味もふた味も違ったハロウィンを、USJのハロウィーン・ホラー・ナイトで満喫していきたいですね!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブラックフライデーとはこんな意味だった!年末商戦前の大セール…
  2. サイバーマンデー情報!Amazonでは大セール!2018年は…
  3. ブラックフライデーって日本ではいつになる?年に一度の大セール…
  4. 七五三の由来を簡単に説明!子どもに上手く伝える方法の決定版!…
  5. ぷらっとこだまを当日キャンセルする方法を紹介!電話でも大丈夫…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 食事

    エスニック料理のお勧め!
  2. 安全

    雪道の下り坂でのブレーキの使い方はこれだ!フットブレーキの新常識
  3. 家庭

    お月見の由来を子供向けに分かりやすく伝えるポイントはこれだ!
  4. 行事

    敬老の日の由来を保育園児や幼稚園児むけにに噛み砕いてみた!
  5. 雑学

    電話のもしもしにはこんな意味があった!調べて分かった衝撃の事実!
PAGE TOP