健康

肌荒れは食べ物に原因があった!肌に悪い食事、いい食事とは?

Pocket

寒い季節になると、お肌がカサカサにになったりして辛い思いをする人もいますよね。

私もよく唇や手先が乾燥してガサガサになることがあるんですよ。

あなたのお肌は潤いのある健康肌ですか?それともカサカサになっちゃいますか?

乾燥肌についてはこちらの記事も参考にどうぞ。

⇒ 乾燥肌の改善ができる食事はこれだ!赤ちゃんの肌に戻ろう

特に女性は肌の美しさを保つためにいつもとっても気を使っていますよね。でも、お化粧などのスキンケア以外でも、食べるものが肌の健康と関係があるんじゃないか、と思ったんです。

食べ物の工夫でお化粧の効果がより良くなるなら、試してみたいと思いませんか?

そもそも肌荒れの原因を作る食べ物ってどんなものなんだろう?逆に肌にいい食べ物は?気になる疑問をリサーチしてみました!

スポンサーリンク

肌荒れの原因になる食べ物

お肌の健康を害する食べ物を紹介していきます。ざっくりと分けると「糖類・糖質」、「脂質」、「塩分」の3つがあります。

糖類・糖質を多く含むもの

以下のものは糖類・糖質を多く含み、肌年齢を高くします。

食品名 200g中の糖類・糖質 角砂糖換算
カップラーメン 134.5g 33.5個
チョコレート 104g 26個
ショートケーキ 92.9g 23.3個
食パン 88.7g 22.3個
白米 73.5g 18.4個
うどん 46.8g 11.7個
アイスクリーム 44.4g 11.7個
清涼飲料水 20g 4.8個

上記はすべて200g中の量ですので、ご飯なら大盛り一杯くらい、カップラーメンなら3個分程度です。清涼飲料水は少なく見えますが、500mlペットボトル一本では50g、角砂糖12個分程度になります。

糖分・糖質の肌への悪影響

糖分・糖質の摂取過多は細胞を糖化させ、肌年齢を高くする作用を持っています。また、糖分・糖質を分解するときにビタミンB群のうちビタミンB2、ナイアシン、パテントン酸、ビオチンを消費するため、肌の新陳代謝を妨げます。

久留米大学の山岸昌一先生によると、糖類・糖質の過剰摂取により肌老化の原因物質である「AGE」を体内に溜め込み、それによって体を作るタンパク質が糖化し、肌の老化が進行します。

正常な皮膚に『AGE』がたまると、コラーゲンが変形してハリを失い、 肌のプリプリ感が損なわれてシワができたり、皮下脂肪の重みに耐えられずにたるみが出てきたりします。

これらシワやたるみを加齢の特徴として見て取りますので、 『AGE』のたまり具合によって、実年齢より若く見えたり、老けて見えたりするわけです。(引用:AGE研究協会HP)

付け加えると、甘いものの過剰摂取により体内のビタミン、ミネラル、カルシウムが不足したり、血液を酸化させて赤血球を破壊することにもつながります。

また、血糖値が乱高下することで、精神不安定を招き怒りっぽくなります。甘いものの食べ過ぎはキレやすい子供を作るのは本当なんですね。

脂質を多く含むもの

脂質はざっくりと3つの種類に分けることができます。「飽和脂肪酸」、「一価不飽和脂肪酸」、「多価不飽和脂肪酸」と呼ばれる3種類です。

飽和脂肪酸は健康に悪く、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸は健康に良いと言われています。それぞれを多く含む食品をご紹介します。

飽和脂肪酸クリーム、チーズ、鶏肉、牛肉、ベーコン、ココナッツミルク、豚肉、レバー、ウインナー、卵、ラクトアイス、バター、ラード、ショートニング、マーガリン など
一価不飽和脂肪酸牛肉、クリーム、鶏肉、ドレッシング、豚肉、レバー、卵、アボカド、さんま、マグロ、鯖、オリーブオイル、サフラワー油 など
多価不飽和脂肪酸油揚げ、ドレッシング、ツナ缶、ガンモドキ、あん肝、鯖、まぐろ、味噌、すじこ、厚揚げ、納豆、トウモロコシ油、クルミ など

乳製品には飽和脂肪酸が多く、肉類や卵は飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸の両方を含み、魚類や和食の素材は多価不飽和脂肪酸を多く含むといえます。

脂質は食品を選んで摂取する

飽和脂肪酸の多いものは皮脂の状態に影響し、ニキビの原因となります。また、肝臓の働きで中性脂肪へと変化し、血液をドロドロにして酸素を運びにくくしたり、肝臓に負担をかけることで心身の健康を損ないます。

逆に、脂質を控えすぎると肌の潤いを損ない、カサカサの乾燥肌になってしまいます。そこで、上記の「不飽和脂肪酸」を含むものを多く摂ることをおすすめします

それぞれの脂肪酸の働きについて、平成22年9月に消費者庁が出しているレポートから引用をします。

まずは飽和脂肪酸から。

飽和脂肪酸を摂りすぎると、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を増やす(心疾患のリスクを高める)ことが報告されています。
飽和脂肪酸の炭素の数(12個・14個・16個もしくは18個)によってコレステロールに与える働きが異なることも報告されています。

続いては一価不飽和脂肪酸です。

摂取する炭水化物の一部を一価不飽和脂肪酸に置き換えると、HDL(善玉)コレステロールを増やす(心疾患のリスクを下げる) ことが報告されています。
摂取する飽和脂肪酸の一部を一価不飽和脂肪酸に置き換えると、LDL(悪玉)コレステロールを減らす(心疾患のリスクを下げる)ことも報告されています。

最後に多価不飽和脂肪酸です。

摂取する飽和脂肪酸の一部を多価不飽和脂肪酸に置き換えると、心疾患のリスクを下げることが報告されています。
n-3系の多価不飽和脂肪酸を多く含む魚を摂取すると、心疾患のリスクを下げることが報告されています。

塩分を多く含むもの

塩分の摂りすぎも肌荒れの原因を作ります。以下に塩分が多い食べ物を紹介します。

食品名 100g中の塩分量
梅干し 8.7g
薄口醤油 6.3g
赤味噌 5.1g
ウスターソース 3.3g
カップ麺 2.7g
ビーフジャーキー 1.9g
いわし丸干し 1.5g

塩分の肌への悪影響

塩分(=ナトリウム)と体内の水分はシーソーのようなバランス関係にあり、片方を多く摂るともう片方は排出されやすくなります。

塩分を多く摂ることで体内の水分が失われ、肌から潤いを奪い去ります。肌の潤いが十分にないと新陳代謝が滞り、シワ、シミ、弾力不足の原因となります

スポンサーリンク

肌荒れにいい食べ物

肌荒れにいい食べ物は大きく分けて3種類あります。「腸内環境を改善するもの」、「血行を促すもの」、「新陳代謝を促すもの」です。

食物繊維、発酵食品で腸内環境を改善

次の食品には肌に良い食物繊維を多く含んでいます。

食物繊維の多い食品豆類、おから、納豆、きのこ類、アボカド、海藻類 など

また、発酵食品も食物繊維を含むものと同様の効果があります。

発酵食品納豆、キムチ、ぬか漬け、酢、サワークラフト、味噌 など

これらは腸内常在菌を増やし、お通じを良くする働きを持っています。腸内環境を改善すれば肌荒れの原因を取り除くことができますよね。

発酵食品についてはこちらを参考にどうぞ。

⇒ 発酵と腐敗の違いを徹底解説!同じ?違う?驚きの真相はこうだった

ビタミンE、鉄分で血行促進

ビタミンEと鉄分は血行を良くして体の隅々まで酸素と栄養を行き渡らせる働きを持っています。以下、それぞれを多く含む食品です。

ビタミンEの多い食品かぼちゃ、赤ピーマン、アーモンド、卵黄、アボカド、すじこ、鮎、たらこ、鰻 など
鉄分の多い食品レバー、牛肉、卵黄、あさり、しじみ、油揚げ など

タンパク質、亜鉛、ビタミンA・Cで新陳代謝

タンパク質、亜鉛は新陳代謝を促進して肌を生まれ変わらせる効果を持っています。またビタミンA、ビタミンCでは抗酸化作用を持っており、活性酸素を除去して肌の老化を防ぎます。以下、それぞれを多く含む食品です。

タンパク質の多い食品肉類、魚類、大豆、乳製品、卵 など
亜鉛の多い食品レバー、牡蠣、牛肉、魚卵、ごま、イワシ など
ビタミンAの多い食品人参、レバー、あん肝、鰻、穴子、たら、モロヘイヤ など
ビタミンCの多い食品ピーマン、ゴーヤ、柿、キウイ、いちご、ブロッコリー など

抗酸化作用についてはこちらの記事も参考にしてください。

⇒ コーヒーは肌の健康に効果があった!クロロゲン酸とカフェインの効能

まとめ

いかがでしたか?食べるもので肌荒れになったり、逆に肌をきれいにしたりするなんて驚きですよね!以下にまとめておきます。

まとめ

  • 糖分・糖質、脂質、塩分を多く含むものは肌荒れの原因となります。
  • 糖分・糖質の過剰摂取は細胞を糖化させて肌年齢を高くします。
  • 飽和性脂肪酸は肌に悪く、不飽和性脂肪酸は肌に良い効果があります。
  • 塩分の過剰摂取は水分の排出を促して肌の潤いを失わせます。
  • 食物繊維、発酵食品で腸内環境を改善します。
  • ビタミンE、鉄分で結構を促進して栄養を体に行き渡らせます。
  • タンパク質、亜鉛、ビタミンA・Cで新陳代謝を促進します。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お月見の由来を子供向けに分かりやすく伝えるポイントはこれだ!…
  2. 秋の七草の覚え方の決定版!歌と語呂合わせと和歌を覚えれば完璧…
  3. 十五夜にはススキをお供え!でも本数は?飾り方にも工夫をしよう…
  4. 中秋の名月と十五夜の違いはこうだった!年に一度だけなのはどっ…
  5. 十五夜にうさぎはなぜセットになっている?餅をつくのは日本だけ…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 学校

    教員の仕事の50% -校務分掌-
  2. 雑学

    蚊に刺されやすい血液型はなかった!どんな人が刺されるか大解説
  3. 学校

    ヘンな先生特集 その①
  4. 家庭

    スズメバチの巣をもう作らせない方法の決定版!快適な夏と秋を!
  5. 学校

    大学進学に必要なお金 学費、受験料、生活費
PAGE TOP