家庭

梅雨の季節に洗濯物の部屋干しをする方法!早く乾かす工夫を満載

Pocket

梅雨に入ると雨雨雨、雨の日続きで気分も滅入ってしまいます。

特に鬱陶しくなってしまうのが洗濯のことです。「雨が上がったら明日は洗濯しよう!」と決心しても結局は雨で、仕方なく部屋干しをすることになったりして。でも部屋干しは乾かないから嫌なんですよね。

あなたも部屋干しで苦労した経験がおありではないですか?

そんな面倒くさい部屋干しですが、ちょっとした工夫で早く乾かすことができる技があるんです。

早く乾く部屋干しの方法、知りたくないですか?

ではどんな工夫をすると乾きやすいのか?リサーチしたことをご紹介します。ついでにシーツやタオルを早く乾かす技もご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

部屋干しの極意は風通し

室内で洗濯物を干すときには、一にも二にも風通しを良くする工夫をしましょう。できれば全ての洗濯物にまんべんなく常に風が当たっている状態が理想です。そのためのアイデアをご紹介します。

ハンガーは厚みのあるものを使う

ハンガーはスーツなどを掛けておくような厚手のものを使いましょう。針金ハンガーやクリーニングから返ってくる時に付いてくる物だと生地の間に風が通らず乾きが悪くなります。

写真をご覧ください。まずはクリーニングでつけてもらったハンガーから。

襟元に前後の間隔が殆どありませんね。これがスーツの上着を掛けておくハンガーだとこうなります。

見た目もはっきり分かる程度に前後が引き離されました。こちらのほうが断然乾きが良くなります。

洗濯物同士の間隔を取る

洗濯物同士の間には10センチ以上の間隔を取って風の通り道を作りましょう。

室内だと場所が狭いためつい間隔を詰めて干してしまいがちですが、これは乾きを悪くする原因を作ります。

扇風機、エアコンは風の方向に注意

扇風機やエアコンで風を当てる時は、洗濯物同士の間に風が通る方向にします。Tシャツなどだと片方の肩から反対の肩へと風が抜ける方向にするイメージです。

これがTシャツの正面や背面から風を当てると、風が当たっていないものができるため効率が悪くなります。

エアコンの除湿についてはこちらの生地もご覧ください。⇒ 梅雨時にエアコンの除湿の効果は?調べて分かった驚きの結果

風呂場で干すのもアリ

換気扇を回してお風呂場で干すのも有効な方法です。

お風呂場というのはカビが発生しないように高出力の換気扇が設置されているのがその理由です。干した物に常に風が当たっている状態を作ることができます。

また風呂に入る以外に使いみちがない場所なので、生活の邪魔にもなりません。

ところで風通しを良くする方法ではありませんが、タオルやシーツなど四角い布を早く乾かす方法があるのをご存知ですか?

スポンサーリンク

タオルやシーツを早く乾かす技

タオルやシーツなどは、四角形の頂点の部分が下を向く様に斜めに干すと乾きが早くなります。読んだだけでは分かり難いので写真を御覧ください。

写真のような干し方にすると、一番下になっている頂点に水分が集中して行くため、結果としてテキメンに早く乾きます。物干し竿のスペースをもっとたくさん使って、対角線を竿に乗せるようにすると更に早くなります。

正方形に近いものならこんな感じになります。

嘘だと思うなら、次の洗濯の時に同じ素材、同じ大きさのタオルを使って試してみてください。驚きの結果になることは保証しますよ!

難点は普通に干すよりもスペースを多く取ってしまうことです。だからあまりたくさんの洗濯物がある時は難しいかもしれませんね。

ではスペースを取らない方法はないの?と聞こえてきそうです。

実はこんな方法もあるんですよ!

それは、片方の端を短くして物干し竿にかけるというもの。写真をご覧ください。

これだけでも普通に干すよりも早く乾きますよ!是非試してみてください。

まとめ

いかがでしたか?あなたの疑問解消のお役に立てたでしょうか?以下にまとめておきます。

まとめ

  • 洗濯物に風が当たるようにするのが部屋干しの極意です。
  • Tシャツなどは厚手のハンガーで干しましょう。
  • 洗濯物同士の間隔を10センチ以上取りましょう。
  • 扇風機やエアコンは洗濯物の間を風が通るようにしましょう。
  • 換気扇を回した状態でお風呂場に干すのもいい方法です。
  • タオルやシーツは斜めにしたり、片方を短くして竿にかける方法があります。

これで梅雨の季節や雨の日の洗濯も少しは気楽にできるかな?最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 中国の干支には豚がいた!十二支に猫がいる国も海外にはあった
  2. 干支が60通りである理由を分かりやすく解説!なぜ120じゃな…
  3. 干支の順番の由来は動物たちのレースだった!十二支と十干とはコ…
  4. お正月には門松!意味と由来、松の内後の処分方法をチェック
  5. 忘年会の余興はゲームで決まり!新年会や結婚式2次会にもどうぞ…

アーカイブ

カテゴリー

  1. 学校

    思い出の生徒の話
  2. 気象・災害

    降水確率50パーセントなら傘を持っていくべき?賢い判断の仕方
  3. 安全

    アシナガバチの巣を放置しても大丈夫?駆除も一つの選択
  4. 雑学

    五月蝿いという表記の語源!考えたのは夏目漱石じゃなかった
  5. イベント

    七五三の神社はどこにする?事前予約や初穂料など注意することはコレ
PAGE TOP